夏期講習が大事なワケ

毎年このシーズンには塾のCMだったり、チラシだったりがバンバン入ります。
まぁ、塾としては経営的に書き入れ時なのは事実・・・

でも、生徒さんにとっても大事な時期であるのも本当です。

学期中は生徒さんはとにかく忙しい。
準備やら通学やらの時間を抜いたとして9時から15時。これで6時間。
すでに一日の四分の一はとられてしまっています。
これに部活、補習など足していったら10時間くらいいきそうです。
そして人間、寝ないわけにはいきません。
もう残された自由時間はわずかです。
気力も体力もしんどい。
気持ちの問題ではなく、物理的な問題です。

夏休みに入れば開放される・・・とまではいかなくてもいくらかましになる
のではないでしょうか。
ここをうまくやりくりできるかが進路実現への分かれ道。
やりくりには塾の利用も含まれます。
学期中は時間的に通えないという場合でも、休み中なら通えるということも
あるでしょう。
当塾のように朝から開いている塾もあります。
一度検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 字の小さい子は成績が伸びない

  2. 理系>文系なのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。